井戸水対応をした給湯器は通常とはどんなところが違うのか

地中の安定した気温の中にいる地下水は季節を問わずに一定の温度にあるためいつでも美味しくいただくことができます。そうした井戸水に給湯器を設置してさらに美味しくしようとする方は多いのですが、実は通常の給湯器は井戸水に対して使用することはできず、専用の対策を施した給湯器を使用しなければいけません。

その専用の対策とはどんなものなのでしょうか。


殺菌作用を持たせている

井戸水と水道水は見た目は同じであっても、その内容はかなり異なっています。まずは雑菌の多さです。水道水の場合は川から家庭へ水が流れてくる間に塩素を使った殺菌をおこなっていたりしています。水道水にカルキ臭がするのは殺菌したことによる副作用です。

ところが井戸水はそうした殺菌処理をおこなっておらず、地中にいる細菌たちが水の中に紛れ込みやすくなり、様々な菌が入った水をそのまま使用することになります。無害な菌であることも多いのですが、中にはレジオネラ菌や大腸菌など人に害を与える細菌がいる場合があり、殺菌対策は必ずおこなわなければいけません。

井戸水対応がなされている給湯器には必ず殺菌用のユニットが装備されています。水道水と同じく塩素を使用することも多いのですが最近は「UV除菌」を採用されていることが多いです。UV除菌とは、紫外線を使った除菌のことであり、給湯器の内部にUVユニットという紫外線を照射する装置が取り付けられ、ユニットの前を通過する水を除菌していくのが特徴です。

UV除菌は井戸水用の給湯器に使用される以外にもお風呂のお湯を沸かすときに使用される給湯器にも利用されることがあります。お風呂のお湯は細菌たちが繁殖しやすい環境にあり、そのお湯を使って洗濯嫌なニオイを放つ原因にもなったりします、お風呂のお湯を上手に使用したい場合は殺菌対策が施されている給湯器を利用するようにしましょう。

サビに強い

井戸水は地中のミネラル分を取り込むため、通常の水道水よりもミネラルが豊富です。それ自体は良いことなのですが、給湯器にしてみるとありがたくない面があります。それは水の中にさまざまなイオンが含まれているからです。

井戸水に含まれているイオンは給湯器内の金属部分と結合したり削ったりすることによって、サビを発生させる原因となってしまうからです。井戸水対応をしている給湯器というのは、このサビ対策がしっかりとおこなわれています。

その1つが「サビに強い金属を使用している」というものです。金属は錆びやすいというイメージがありますが、チタン合金など一部の金属は非常にサビにくく、井戸水対策としてそうした金属を様々なところに使用しています。

他にも「金属ではなく樹脂などプラスチックをメインに使用している」場合もあります。金属の場合はイオンや酸素などに触れてサビが発生することがありますが、石油から作られたプラスチックは錆びることはありません。

そのため、お湯を流すパイプなど水と触れる部分にプラスチックを採用して錆びさせないような対策を施している場合もあります。


砂を防ぐようにしている

地中を流れている地下水は様々なミネラルを含んでいるのですが、同時に厄介なものも含まれていることがあります。その1つが「砂」です。地下を流れているということは土を削りながら進んでいるということでもあり、目には見えないながらも砂を含んでいることがあるからです。

「砂は目に見えないし害もなさそうだから問題ないのでは」と思うかもしれませんが、通常の給湯器は「砂がほぼすべて取り除かれている水道水」を使用することが前提のため、砂への対処方法がありません。そうした給湯器を使用し続けると、装置の内部に砂が蓄積してしまい、水の流れが遅くなったり故障の原因になったりすることがあります。

井戸水対策をしている給湯器の内部には砂をろ過する装置が取り込まれており、その装置が砂を遮断することで故障しにくくなっています。砂に細菌たちが取り付いていることも考慮して、砂を取り除くのと同時に水の殺菌もおこなっているのが特徴です。

そうした砂対策がしっかりしている給湯器を使用すれば、長く使用することはできますが、さすがに砂をろ過するフィルタにたまった砂を自力で除去することはできないので、3年に1回ぐらいの感覚でメンテナンスをする必要があります。

塩分を取り除く対策をしている

地下水を利用する上で注意すべきものとしてあげられるのが「塩分」です。地中には微量ですが塩分が存在していることがあり、その塩が地下水に含まれていることがあります。また、雪がたくさん降る地域の場合、雪を溶かすために塩をまくことがあり、その塩が巡り巡って地下水に含まれることもあるため、特に積雪量が多い地域に住んでいる方は、気をつけるようにしましょう。

こうした塩分は給湯器内の金属部分を錆びさせるだけでなく、塩分そのものが装置の各所に取り付き、蓄積することによって故障を引き起こすことがあります。地下水を使用することを前提としている給湯器は、そうした塩分の被害を抑えるためにどのような対抗策を施しているのでしょうか。

対策方法はいろいろありますが、カチオン電着塗装やポリエステル粉体を塗装するなど塩に強い塗料を使用していることが多いです。そうした塗料は塩が来ても剥がれることはなく、さらに塩の蓄積も防いでくれるため塩によるダメージから給湯器を守ってくれます。

たとえ使用する地下水がしょっぱくなかったとしても、塩分が含まれていることが多いので、塩対策がしっかりとなされている給湯器を選ぶようにしてください。

給湯器の点検を依頼する際に気を付けたいこととは

汚れ対策をしている

「地下水は水道水よりもキレイ」というイメージを抱いている方は多いですが、一概に正しいとは言えません。自宅の家の近くに工場や畑などがある場合、工場が使用していたか化学薬品や畑で使用されていた堆肥や化学肥料の一部が地中に染み込み、地下水へと流れていくことがあるからです。

薬品や堆肥などによって水自体が汚染されていることを考慮し、地下水対策をしている給湯器には熱交換器や殺菌液などが装備されており、それらを使用して水をキレイにするようにしています。地下水をそのまま飲むと汚染物質も一緒に取り込むことになり、思わぬ健康被害に遭遇することがあるので、必ず給湯器を通して飲むようにしましょう。